研究組織

A01班 対話継続関係維持研究グループ

人間との対話継続及び関係構築のための対話知能システム

研究代表者
河原 達也(京都大学・教授)
専門分野:音声情報処理
研究役割分担:グループ統括、傾聴システム
研究分担者
吉川 雄一郎(大阪大学・准教授)
専門分野:社会ロボット
研究役割分担:複数対話ロボットシステム
飯尾 尊優(筑波大学・助教)
専門分野:社会ロボット
研究役割分担:マルチモーダル対話システム
井上 昂治(京都大学・助教)
専門分野:音声対話
研究役割分担:複数モダリティ応答システム

人間が日常的に対話する際に、何か目的があるよりも、対話そのものあるいはそれによるコミュニケーションや関係の維持が目的であることが多い。コミュニケーションを行うロボットにもこの関係維持の実現が求められる。本研究では、特に高齢者とのコミュニケーションを想定して、対話を継続させるためのメカニズムの解明と実現を目指す。高齢者との対話においては、自動音声認識に高い精度は期待できず、また意図理解も困難な場合がある。それでも、相槌・頷き・表情などのモダリティを活用したり、複数の人間・ロボットで会話の場を形成することで、対話を維持することは可能である。本研究では、このような観点から以下の課題に取り組む。

  1. 複数モダリティの応答と複数ロボットのターンテイキングによる対話継続機構
  2. 複数人対話における対話継続による人間関係構築支援の実現
  3. 対話継続・人間関係構築支援に基づく対話サービスの構築と実証実験

これにより、どのような対話プロトコルによれば、対話内容が理解できなくても対話継続が可能か、あるいは、意図理解が不十分であっても対話継続を通じた関係構築が可能かを明らかにし、このような頑健な対話プロトコルによって、どのような対話サービスが実現できるか実証する。